イケメン ダイエットへの挑戦記

痩せてオシャレをしてダンデイになるぞ!!

中性脂肪を使い切る 11日目 体重91.5KG

 中性脂肪を使い切ることがダイエットの基本だと思っています。そのために筆者は朝食と昼食には糖質を摂取しないし、小腹が空いても何も食べないで空腹を楽しんでいます。筆者はお菓子やポテトチップスを食べなくても平気ですのでもちろん、おやつやデザートは一生なしです。お酒はやめられませんが砂糖は止められます。

中性脂肪は体内のガソリン

 中性脂肪は食事を取ると糖質や脂肪を吸収して血液中に脂肪として体内に流れます。 その脂肪を中性脂肪と言います。中性脂肪は次の食事までに使い切らないと脂肪として本当に体に蓄積されます。

 筆者は中性脂肪を体内のガソリンだと思っています。人間が動くうえには絶対必要です。でも、余れば脂肪として蓄積される!!どうすれば良いのでしょうか?血液中の中性脂肪を全部使い切れば、お腹がすごく空いて脳が食事を催促します。そうです!!完全な空腹になるまで食事をしない事です。

 でも完全な空腹にすると困った事に身体が持ちません。空腹感に耐えれませんし、何よりタンパク質とミネラル、食物繊維が摂取出来ません。糖質以外の必要最小限の必須な栄養素を朝食と昼食に分けて摂取する。筆者は朝食昼食と言っても、元々大食漢ですのでまるで、サプリメントを飲んでいるような感覚です。

中性脂肪を減らした状態を延々と続ける

 朝食と昼食から糖質を抜くと夕食にご飯を食べた時には、結局1日1食をしたのと同じ効果だと思っています。そのうえ消化吸収が悪いタンパク質を効果的に摂取できてしまいます。ビタミンミネラルも朝食と昼食に分けて摂取したほうが吸収が良いはずです。そういう事は身体が健康になるという事です。
 でも何でも「過ぎたるは及ばざるがごとし」糖質を取らないと言っても、タンパク質の摂取量には気を付けないと太ってしまいます。
 そして完全に血液中の中性脂肪を使い切らなくても良いと思っています。少しはあっても良いです。いままで中性脂肪が溢れる生活を30年間してきました。それで、現在少し中性脂肪が減った生活を15日続けていると24時間、常に満腹感がなく、少しお腹が減っている感覚が延々と続いています。
 でもこの満足しない状態は痩せている普通の人は当たり前の感覚だろうと推測します。本格的に空腹ダイエットに取り組むまえの糖質食べ放題の時は、1日中空腹になったことはありませんでした。当たり前です。少し空腹になつたらインスタントラーメンを食べていたのですから。早くこの少しの空腹感が当たり前になるように身体を慣れさせます。

ダイエットにゴールはない

 まあお腹が空かないと太ってしまいますから、少しの空腹が健康に良いと思えば、我慢出来ます。ダイエットにはゴールはないのですから、少しの空腹を一生続けなければ健康になれませんし、それを楽しまなければダイエットマラソンを棄権してしまいます。

Copyright ©健康なダイエットの挑戦記,all rights reserved