イケメン ダイエットへの挑戦記

痩せてオシャレをしてダンデイになるぞ!!

ダイエットの通信簿 健康診断エピソード1 3日目 体重92.1KG

健康診断を受けました。171cm 90.7kg 腹回り104cmでした。

身体が一番の資本

 昨日自由業の筆者は年に一回の健康診断をしに主治医がいる病院に行きました。自分の住んでいる市では市の健康診断を病院で受けられます。この制度は今までは病院と市で2回やっていた同じ検査を安い市の検査費用でやれて主治医に現在、過去のデーターも残る優れたというか、税金の無駄遣いを減らす当たり前の制度です。主治医がいる人にとっては市の集団でやる検診は税金の無駄です。

 今年は新型コロナの影響で胃がん検診と大腸ガン検診は中止だそうですが、その空白の2年間で早期発見できるガンが気づかずに手遅れのガンになるリスクが増えるのですから本音ではやって欲しかったですが、でも医療関係者の生命を考えれば当たり前の面も充分あります。

通信簿

 血液検査も、もちろんしましたが、結果は次の診断日までお預けです。(楽しみですので待ち遠しいです)

 ダイエットをしている関係では、中性脂肪と血糖値の値を最重要視しています。これらの値も血液検査で分かります。中性脂肪や血糖値が高い事は身体を動かすエネルギーに比べて糖質などの食べ過ぎで栄養過多の状態です。

 それらの値が高い状態では、科学的にも肥満まっしぐら状態です。食事で摂取した糖質や脂肪の栄養が使い切れずに体内にが余っている状態だから値が高いのですので、それらが体内で脂肪として蓄積されます。太る事です。

 まるで普段チャンとしたダイエット食生活をしているか?の通信簿です。試験ですので健康診断のために極端な方法を使うのではなく普段と同じ食生活をする事が大事です。自分のためです、今後の食生活の改善のために、普段の正確な数値を知りたいのです。正確な数値が分からないとダイエットに向けた食事の改善のしようがありませんので本当は血液検査を月一で受けたいです。

 中性脂肪や血糖値が正常値の値よりほんの少し低い状態をキープするのが自分ではベストのダイエット状態だと個人的に思っています。自分の考えだとその状態が自然に体脂肪が使われる状態だと思っています。

 その状態をつくる筆者流のやり方は「1日一回空腹状態を作る事、野菜タップリ食べる事」です。大食漢の自分は死ぬまで「野菜をタップリ食べて野菜だけでお腹いっぱいにしてから普通量の食事」に移らなければその状態がキープできません。

血圧が正常値

 中性脂肪と血糖値が正常値より少し低めの状態が筆者流のダイエットが成功している状態です。普段の食生活がダイエットに有効だかどうかが一発でわかる状態になりました。

 高血圧の筆者は最近血圧が正常値をキープしています。もちろん主治医の指示の高血圧の薬は欠かしませんが、それでも完璧な正常値をキープしているのは少しずつでもダイエットをしている影響も少なからずあるはずです。身体が小さくなると理屈からすると血圧が下がるはずですから。

Copyright ©健康なダイエットの挑戦記,all rights reserved