イケメン ダイエットへの挑戦記

痩せてオシャレをしてダンデイになるぞ!!

「死なないぞダイエット」本紹介 21日目 体重91.4KG

「死なないぞダイエット」

 「死なないぞダイエット」著者北折一氏、出版社メデアファクトリー
 今日は自分が今までで一番気に入っているダイエット本の紹介です。著者は「ためしてガッテン」を昔、担当していたそうです。この本は内臓脂肪過多による肥満が起こす心臓病による急死、糖尿病が誘発する腎臓不良による人工透析の悲惨さなどを説き、それらを予防するための内臓脂肪を減らす大切さを書いています。結構昔に出版された本ですので所持していましたが最近読み返して健康を目指すダイエットの大切さを改めて感じています。内臓脂肪の付きすぎを放置する近い将来の自分の死の可能性の高さの恐怖すら感じた本です。昔読んで本の内容は頭にこびり付いていたはずですがやはり忘れるものですね!!始めて読んだ感じでモチベーションがアップしました。やはりこの本の内容が一番自分流ダイエットに合っています。

内臓脂肪型肥満は痩せやすいのでラッキー

 この本の優秀な所は糖質オフとか野菜フアーストとか何々食べるとは書いていません。「体重計に毎日乗る計るだけダイエット」を1番推奨していますが、はっきりと計るだけでは痩せないと断言しています。毎日体重を50gでも減らす事に快感を感じる事ができる事により「余計な食品を食べなくてもよい」というモチベーションを続けるダイエット方法を紹介しています。自分みたいな「お腹がポッコリして手足が細い内臓脂肪型肥満は内臓脂肪は痩せやすいのでラッキーな太り方だ」と励まされたと思っています。驚く事に脂肪の量が正常な内臓脂肪は心筋梗塞の特効薬を分泌するそうです。
 自分が納得してこれから実行しなきゃと思ったのは、中性脂肪が高い状態は血液中を栄養をいっぱい積んだトラックが倉庫の栄養が満タンで倉庫に下ろせなくて血管をグルグル回っている状態にたとえて、「あえて空腹状態をつくり、中性脂肪を使い切りエネルギーの倉庫である内蔵脂肪細胞からエネルギーを使おう!!」「空腹は最高の調味料」だから空腹状態にしてから美味しい食事をしよう。という所です。

空腹ダイエット

 空腹状態こそ健康のために必要と言うことで、晩飯までは余計なつまみ食いをせずにあえて人工的に空腹状態を作り健康的に美味しい晩酌を毎日したいです。夕方に順調に空腹になると夕飯までの小腹がすいた状態での筆者のごまかしかたも掲載されています。
 自分の生活ローテーションでは、夕方頃から始まる約3時間あまりの、あの本格的な空腹状態をごまかすテクニックを駆使する事が、今まで貯めた内臓脂肪からエネルギーを血液中に流れる状態を人工的に作る事に繋がります。毎日3時間空腹状態をキープ出来れば理屈から言えば(3時間x365/24時間=45日間)なんと45日間断食をした計算です。連続45日間断食なんて自分には出来ませんが1日3時間365日続ける事は出来そうです。この1日3時間の人工的な空腹状態も「痩せて意中の女性にモテるぞ!!」と思えば脳内麻薬が出てあっという間の3時間なはずです。かえってもっと空腹状態を作る気がして夕食の量も減るかもしれません。

Copyright ©健康なダイエットの挑戦記,all rights reserved